So-net無料ブログ作成
検索選択

薔薇笑亭SKD/亀戸カメリアホール [オペラ・バレエ・舞台]

薔薇笑亭SKD  第13回劇場公演「MY 麗美優」
亀戸・カメリアホール 10月20日(木)~23日(日)
第一部:花鳥風月 第二部:ドリームファンタジー
◇平成17年度(第60回記念文化庁芸術祭)参加作品◇
***************************************************************************
浅草 国際劇場 で公演していた 松竹歌劇団 (skd)のOGによるレビューステージ
96年に解散したSKDは70年の歴史があり「西の宝塚、東の松竹」と呼ばれていたのだが
「浅草国際劇場」の閉鎖に伴いか集い拠点を失う、その後も公演を続けるも振るわず。解散へ。
解散後も残ったメンバーで結成されたのが「薔薇笑亭SKD」 。銀座ガスホールを拠点に
活動していたが同ホールも建て替えのため閉館。そこで今回の下町「亀戸公演」となった。

第一部は、「花鳥風月」日本の四季を和洋折衷の舞台で表現している。
桜で始まり、田植え、月、筏こぎ(?)、サンバ風鳥衣装、祭り、最後はラヴェルのボレロ。
ボレロの群舞は迫力満点。紫、赤、白の衣装と金銀の扇が舞う夢の世界。
第二部は、「ドリームファンタジー」ダンスシーンも多くいかにもレビューという演技。
お約束のラインダンスもありました。バレエ、タップ、シャンソン、タンゴ風、ラインダンスと
盛りだくさんな内容。時間があっという間に感じました。
ただ・・歌謡ショー的な部分も多くて、そこはどうなのかな、と、美空ひばり風衣装とか。
昔からのお客さんはそういうところも魅力なのかもしれませんが、ちょっと、う~ん微妙。
初めて見ましたが、時間もそんなに長くないので気楽に楽しめておもしろかったです。

薔薇笑亭SKD  HP↓
http://skd.hmc6.net/index0.html

東京プリンスのサマーショー

「SKD(松竹歌劇団)」は寅さんの映画にも登場していました。
これはシリーズ21作目、マドンナが木の実ナナさんSKDの踊り子さんという設定です。
さくら役の倍賞千恵子さんもSKD出身。

男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく〈第21作〉

男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく〈第21作〉

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • 発売日: 2000/01/28
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。