So-net無料ブログ作成

硫黄島からの手紙 [映画・DVD・TV]

硫黄島からの手紙 LETTERS FROM IWO JIMA
公式HP → http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/
監督/製作:クリント・イーストウッド
製作:スティーヴン・スピルバーグ / ロバート・ロレンツ
原案/脚本:アイリス・ヤマシタ
脚本:ポール・ハギス   美術:ヘンリー・バムステッド
出演:渡辺謙  二宮和也  伊原剛志  加瀬亮   中村獅童  裕木奈江
*****************************************************************
試写会 11/15(水) 日本武道館 舞台挨拶あり
      12/7(木) ニッショーホール 他

第2次世界大戦時の、「硫黄島の戦い」、日本側の視点から描いた戦争映画。
イーストウッド監督が日米双方の視点から製作した「硫黄島プロジェクト」第2弾作品。
硫黄島攻防でアメリカ軍を悩ませた硫黄島日本軍指揮官、陸軍中将である栗林忠道と
彼の部下たちの死闘が描かれる。水も食べ物のない島で孤立無援の状態となってからも
まだ日本のために、一日でも長く島を守ることが日本を守ることだと信じて戦う。
圧倒的な兵力の差がありながら米軍からの攻撃を36日間も耐えた。
渡辺謙さんが栗林中将、他に嵐の二宮和也くん、中村獅堂さん

<ストーリー>
戦況は悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験があり、そして西洋の軍事力も知る
陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙)は硫黄島指揮官を命ぜられる。そこは本土防衛の最後の砦。
着任した彼は、まず長年の場当たり的な作戦を変更し、西郷(二宮和也)ら下士官に対する理不尽
な体罰も戒めるなど、作戦の近代化を導入した。そして最後まで彼らと共に戦う。

戦時下の硫黄島その指揮官・栗林忠道中将から
家族のもとへ届けられた書簡集。↓

栗林忠道 硫黄島からの手紙

栗林忠道 硫黄島からの手紙

  • 作者: 栗林 忠道, 半藤 一利
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2006/08
  • メディア: 単行本


硫黄島からの手紙 オリジナル・サウンドトラック

硫黄島からの手紙 オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: サントラ
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2006/12/20
  • メディア: CD



散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道

散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道

  • 作者: 梯 久美子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/07/28
  • メディア: 単行本


栗林忠道硫黄島の戦い―アメリカが最も恐れ、そして最も尊敬した男

栗林忠道硫黄島の戦い―アメリカが最も恐れ、そして最も尊敬した男

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: 単行本


硫黄島―太平洋戦争死闘記

硫黄島―太平洋戦争死闘記

  • 作者: リチャード・F. ニューカム
  • 出版社/メーカー: 光人社
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: 文庫


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(5) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 4

うまっち

はじめまして。
是非、観にいきたいな・・・と思う映画です。色々と参考になりました!
by うまっち (2006-12-10 02:52) 

Ren

うまっち さん、nice!&コメントありがとうございます☆
2時間20分くらいあります、長い作品ですが時間の長さは苦になりません。
ぜひ、ご覧になってください。
by Ren (2006-12-10 08:05) 

うまっち

観てきましたよ!(記事にもしてみました。)

「声なき声に耳を傾ける」そんな気持ちでじっくり観てきました。
多くの人に観てもらいたい(特に、若い人)と思います。

「硫黄島プロジェクト」映画史に残る試みだと思いました!
by うまっち (2006-12-12 00:15) 

Ren

うまっち さん、公開直後でお客さんの入りはどうでしたか?
ぜひ多くの方に見ていだたきたい作品ですね。
by Ren (2006-12-12 07:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。