So-net無料ブログ作成

石川五右衛門/新橋演舞場 [歌舞伎]

新橋演舞場八月歌舞伎公演
石川五右衛門
平成21年8月8日(土)~27日(木)
**********************************

明日、8/27が千秋楽。。。

DSC00669.JPG


8/26(水) 夜の部。大入り~。

「海老蔵が創り出す 新しい石川五右衛門」ということで原案となるストーリー作りにコミックやドラマの原作者として活躍する樹林伸さんが参加。かなり異色な脚色の五右衛門でした。
海老蔵さんのために作った新しい五右衛門は、これでもか!これでもか!と海老さまビーム炸裂。
ストーリーの強引さも、海老蔵さんらしいと思ってみれば、こいいうのもあり。
海老蔵さんの石川五右衛門はとにかく大きく派手な見せ場がたっぷり。釜ゆでの処刑シーンから始まり、伊賀で忍者修行、秀吉の愛人、茶々を盗み、お子まで。秀吉に一泡吹かせようとして、実は秀吉が父と知ってびっくり。見せ場の南禅寺の名台詞もこなし、終幕では金のシャチと滝で大立ち回りに、大阪城の屋根の上での捕り物、そして最後にあわや釜ゆで、のはずが葛篭を背負って桜吹雪の宙乗り。
中村七之助さんの茶々は不幸そうな姫君さまがいい感じ。市川團十郎さんの豊臣秀吉が出ると舞台にぐっと重みが出てさすが。



<キャスト>
石川五右衛門  市川 海老蔵
      茶々  中村 七之助
   前田利家  片岡 市 蔵
 百地三太夫  市川 猿 弥
   霧隠才蔵  市川 右 近
   豊臣秀吉  市川 團十郎




「でっけえ歌舞伎」入門  マンガの目で見た市川海老蔵 (講談社+α新書 479-1D)

「でっけえ歌舞伎」入門 マンガの目で見た市川海老蔵 (講談社+α新書 479-1D)

  • 作者: 樹林 伸
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/08/21
  • メディア: 新書



nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 1

ERUN

やっぱり、海老蔵さんにはこれくらいやっちゃって欲しいですよね。
難しいこと考えずに楽しめました(笑)
by ERUN (2009-09-03 05:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。