So-net無料ブログ作成

日本沈没/試写会 [映画・DVD・TV]

日本沈没   http://www.nc06.jp/
製作:濱名一哉
監督:樋口真嗣    特技監督:神谷誠   特技統括/監督補:尾上克郎 
原作:小松左京    脚本:成島出、加藤正人   音楽:岩代太郎
出演:  小野寺俊夫:草彅剛     阿部玲子(ハイパーレスキュー隊員):柴咲コウ
      田所雄介博士:豊川悦司   結城慎司:及川光博
      避難民少女美咲:福田麻由子   結城の妻:佐藤江梨子
      山本尚之総理大臣:石坂浩二   野崎亨介内閣官房長官:國村隼
      自衛隊隊長:ピエール瀧    鷹森沙織危機管理担当大臣:大地真央
      柄本明、吉田日出子、和久井映見、遠藤憲一、役所広司
*********************************************************************
6/1(木) 試写会 東宝本社ビル11F試写室
48席だが空きがあったので35、6人くらいしかいなかったのではないかしら。
予想していたよりもずっとずっと少人数の試写会で少しびっくり。でも椅子もゆったりしてるし
背もたれも高いので頭をほどよくホールドしてくれて疲れない。ここ、いいわぁ~。感動☆
受付で書き込む箇所の多いアンケートとチラシを受け取る。観る前に書く部分と観てから書く
部分と、全部で5P。思うところがいろいろあったのでしっかり記入してきましたが伝えたいことが
上手く書けなくて、もどかしかったです。
(最近キーボードに向かわないと文章が上手くまとまらないというよくない癖がついてしまいました)


<ネタバレあります>

SF作家小松左京氏の代表作で、73年に映画化された「日本沈没」の32年ぶりリメーク。
まだ記憶に新しい「ローレライ」の樋口真嗣監督。主演はSMAPの草彅剛と柴咲コウ。
東京消防庁、海洋開発研究機構(JAMSTEC)なども撮影に協力、製作費20億円を投じての
迫力満点のリアルな映像を追求しています。 モロCGとわかっちゃうけどCGもいっぱいです。

1973年に、森谷司郎監督、藤岡弘・いしだあゆみ主演で東宝が当時としては破格の5億円を
投じて映画化。観客動員650万人、興収40億円(現在の価値では倍額)を記録し、大ヒット。
今回の作品は、「ローレライ」の樋口真嗣が監督、
藤岡弘が演じた潜水艇操縦士・小野寺俊夫役に草彅剛、
今回初登場となるハイパーレスキュー隊員・阿部玲子役を柴咲コウ。
時代設定を現代に置き換え、東京消防庁やJAMSTEC(独立行政法人海洋開発研究機構)などの
全面協力を受け、マントルまで掘削できる今夏完成予定の地球深部探索船「ちきゅう号」、
「しんかい6500」「しんかい2000」と、3隻の本物の潜水艦も使用。

冒頭の日本の四季の美しさや古都の映像は、たしかに日本らしさを感じさせるが目新しくはない。
どちらかというと使い古されたイメージが強かったのが少し残念。ラスト近くにこの時の景色が
地震と火山の噴火、水没により廃墟になっているシーンがあり、対比のため。
おおきな地震に襲われた街、草彅くんが倒れている。っていうかものすごい状態の街で他に人影
がないのも気持ち悪い。1人でうろうろする女の子美咲を見つけ助けようとするが大爆発が起こり
一巻の終わりと思ったところで柴咲コウに助けられる。ハイパーレスキュー、かっこいいです。
都合よく出合った二人の恋愛話も絡めて、日本沈没の日へ向けて進んでいく。
田所雄介博士の豊川悦司さんはやはりトヨエツ。カッコイイのでそれでいいかな。少しキレキャラな
学者先生をうまく魅せているし、元妻の大臣の大地真央さんと並ぶと美男美女でいい雰囲気。
総理大臣の石坂浩二さん、あっという間に死んじゃう。えぇ~!それはないでしょ?光門様。
ちょっと現職の総理のイメージをパロってる気がしたのは気のせいかしら。
潜水艇操縦士・結城慎司の及川光博さん、いつものミッチー王子という感じではなくて今回は
もっとずっとオトコっぽい。イギリスへ行くのを断るのも息子のため、愛する人のために日本を
守りたいという信念に基づいての行動だが、悲しい結末。
吉田日出子さん下町のもんじゃ屋のおばちゃんもいい、そこに集まっていた人が避難行動を共に
する中、国に見捨てられた(国外へはもう脱出できない)と話ながらも「愛する人と一緒にいること
が幸せ」というメッセージをくれる。美咲ちゃんを必死に守るシーンにうるうる。
小野寺俊夫の草彅剛さんの実家は会津の造酒屋、姉和久井映見と母吉行和子がいる。国外への
脱出を勧める小野寺に母は「私はどこへも行かない、思い出のつまったこの場所にいる」ときっぱ
り。「命よりも大切な思いがある」・・・・・短いシーンですが静かに心に迫ります。そして小野寺の
心にも変化がおきていく。壮絶なラストに向かって、彼は「守りたいもの」を見つけた。

突っ込みどころは、ものすごくたくさんあります。お話にも出演者にも、映像や設定にも・・・・・
でも、2時間15分のちょっと長いかもと思った上映時間があっという間に感じました。
けっこうおもしろかったと思います。

試写会終了後にスタッフの方に「どうでした?」と聞かれて、一瞬口ごもってしまってすみません。
突っ込みどころ満載だったけどおもしろかったですってぱっと出てこなかったんです。

<ストーリー>
日本海溝近辺の大規模な地殻変動により、日本列島の大部分が海中に沈没するという
予測をした学者がいた。そして各地の火山が噴火、大地震が次々と起こる。
日本沈没が避けられないと悟った政府は、諸外国に日本人の受け入れを要請する。
飛行機で船で、次々に日本を後にする人々。また反対に連日の激しい地震、地盤沈下、
水没の危機にさらされながら避難所生活を転々とさせられる人々。
日本国民は生き残ることができるのか。

日本沈没 上    小学館文庫 こ 11-1

日本沈没 上 小学館文庫 こ 11-1

  • 作者: 小松 左京
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2005/12/06
  • メディア: 文庫


日本沈没 下    小学館文庫 こ 11-2

日本沈没 下 小学館文庫 こ 11-2

  • 作者: 小松 左京
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2005/12/06
  • メディア: 文庫


日本沈没

日本沈没

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2003/09/25
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(39) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 4

懐かしいですね~。
小さい頃、オリジナル版を見てすごく怖かったの覚えてますよ。
空港?で地割れに人が飲まれちゃったりして・・・。
藤岡弘は仮面ライダーの頃から好きだけど、格好良かったですよねぇ。
でもやっぱ、総理は丹波哲郎でしょ(笑)。
by (2006-06-04 15:17) 

Ren

ERUN さん、やっぱりこれ記憶にありますよね。試写会場で「前作を観た方?」って聞かれたんですが誰もいなくて・・・(汗)おかしいゾと思いつつ私も挙手できませんでした。今回はCGの津波にのまれる人々が怖かったですよ。あと山に避難してて本州断裂で崩れちゃうの。大魔神シリーズの山みたい。
by Ren (2006-06-05 06:34) 

てれすどん2号

トヨエツの演技は絶妙でいしたね☆あっというまの二時間、もう一回いっていろいろ隅々まで観たいですね☆
by てれすどん2号 (2006-07-05 23:43) 

Ren

てれすどん2号さん、コメント&TBありがとうございます☆
トヨエツのもじゃもじゃ頭がなんとも言えない風貌でした(笑)
熱い学者先生で上手かったですね~。全体としても、おもしろかったです。
by Ren (2006-07-06 06:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 39

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。